伝統のある彦根仏壇の情報を掲載しております

彦根仏壇350年の歴史

彦根仏壇の歴史と沿革 - 伝統を誇る歴史と風土 -

彦根市は日本一の湖、琵琶湖のほとりにたたずむ井伊家三十五万石の旧城下町。市内の中心には国宝彦根城が二重の堀に囲まれた小高い丘に三重白亜の天守閣を頂き、ほぼ昔のまま残り彦根の象徴として雄姿を誇っています。

 

市街地中心は江戸時代の城下町独特の風情をもつ町並と文化がただよい、彦根仏壇は歴史と伝統のこの地から 生まれ、育まれてきました。

 

彦根仏壇の起源は遠く徳川時代中期とされ、武具、武器の製作にた ずさわっていた塗師、指物師、錺(かざり)金具師などが平和産業とし ての仏壇製造に転向したのが始まりといわれています。

 

彦根市のある湖東地域は湖北地方と並び、古くから仏教の盛んな地 でしたが、徳川時代のキリシタン宗門の禁止政策の強行で、異教徒 でない証拠として仏壇を設けることが一般化してきたことと、彦根 藩主の強力な庇護のもとに、問屋制家内工業の形態とこれにともな う分業組織を完成し、彦根の城下町と中山道とを結ぶ重要点である 通称『七曲がり』で発展の基盤が整備されました。

 

明治維新による混乱期や、第一次、第二次大戦などの影響など多く の制約を受けましたが、戦後彦根仏壇同業組合が結成され検査制度 を設けるなど品質の向上につとめ、生産は順調に推移しました。

 

その生産地域も彦根市全域に広がり、彦根の地場産業の一つとして大 きく飛躍し現在に至っています。

 

 

品質表示 - 彦根仏壇をお求めのみなさんへ -

「伝統的工芸品」と「組合合格壇」

彦根仏壇事業協同組合では、彦根仏壇検査委員会を設置し厳しい検査基準を定め
て、「伝統的工芸品」と「組合合格壇」の検査を実施し、合格品には焼印を押し
合格証と証紙を交付しています。

 

「地域団体商標 彦根仏壇Ⓡ」

①「地域団体商標」とは何か

「商標」とは、事業者が自己の取扱う商品・サービスを他人の商品・サービスと区別するために、その商品・サービスについて使用するマークをいいます。

 

この場合の「商標」には、「地域名」と「商品名」からなる商標は使用できないことになっていましたが、地域ブランドの保護と地域おこしの観点から、平成17年度に商標法を一部改正し「地域団体商標制度」が導入され、「地域名」と「商品名」からなる「地名入り商標」が認められることになりました。

 
この制度により地域の事業協同組合や農業協同組合等が、「地名入り商標」をその地域と密接に関連性を有する商品やサービスに使用して、一定の地理的範囲で周知となっている場合は、「地域団体商標」として商標登録が受けることができるようになりました。

 
現在では約500件が「地域団体商標」として商標登録されており、「彦根仏壇」もこのたび認可され「地域団体商標 彦根仏壇Ⓡ」として商標登録されました。

 

 

②「地域団体商標 彦根仏壇Ⓡ」とは?

〝滋賀県彦根市及びその周辺地域において主要な生産工程が行われた仏壇〟

を言います。

 

③「地域団体商標」出願に向けてブランド保護の取組みと商標登録の目的

「彦根仏壇」は、長い歴史と風土に培われ、順調に発展し、昭和50年には、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」により、国の〝伝統的工芸品〟の指定を受けるなど、産地のブランド保護に努めてきました。

 

近年では、生活様式の変化等により、業界を取巻く経済環境は悪化し、伝産品を含むあらゆる製品の生産額は右肩下がりで下降線をたどり、厳しい状況が続いています。また、技術者の高齢化や後継者不足の問題など様々な課題に対応していくことが求められています。

 

そこで、地域産業の活性化を図るため「地域団体商標」の出願に踏み切りました。これをきっかけにして、「彦根仏壇」のブランド力の向上と消費者にわかりやすい表示に努め産地のますますの発展を目指します。
組合では、彦根仏壇ブランド管理委員会の管理のもと、〝彦根仏壇証紙〟と〝彦根仏壇説明書〟の発行や、ポスター、パンフレット等で広く消費者に知っていただけるよう努力すると共に、消費者保護の観点に立ち、品質基準を守った〝安心〟してご購入いただける仏壇造りにまい進いたします。